四親王家実録 第118代天皇?後桃園天皇崩御た際弟の伏見

四親王家実録 第118代天皇?後桃園天皇崩御た際弟の伏見。その可能性は高いのではないだろうか。伏見宮貞行親王長生きていれば119代天皇なったのでょうか 第118代天皇?後桃園天皇崩御た際、弟の伏見宮貞行親王存命(20歳)だったならば、閑院宮家の王子(史実の光格天皇)でなく貞行親王第119代天皇即位た可能性高いのでょうか 第119代「光格天皇」20人の天皇で読み解く日本史。後桃園天皇が歳の若さで皇子もなく崩御したことにより。世襲親王家の閑院
宮家から即位したのが光格天皇だ。当時歳だったため。後桜町上皇が指導に
あたった。傍系の立場だったことから天皇になるための教育を受けて光格天皇。明和八年一七七一八月十五日東山天皇の皇孫である閑院宮典仁親王の第六
王子として誕生。て。文化十四年一八一七三月二十二日皇太子恵仁親王
仁孝天皇に譲位。天保十一年一八四〇十一月十九日七十歳をもって崩御。
帝国学士院編『宸翰英華』二。和田英松「後桃園天皇の崩御と光格天皇の登極
について」『国史国文之研究』所収光格天皇 こうかくてんのう ?
江戸時代中期-後期,第代天皇。在位*-。 明和年月日
生まれ。

四親王家実録。安永八年。後桃園天皇の崩御により異母弟の師仁親王と伏見宮家の貞敬親王が
継嗣候補となる。朝廷内合議の末。師仁親王が儲君となり践祚光格天皇する
が。両親王はともに未婚であり。継嗣の選考は生後間もない欣子内親王後桃園
後年。閑院宮が無嗣となった際に貞敬親王の孫載仁親王が閑院宮を継承する。
第三王子教仁法親王は天台座主。第三王女光子女王は田安慶頼父田安斉匡
室。

その可能性は高いのではないだろうか。後桃園天皇の崩御は急逝であったため、実際には後桃園天皇の崩御の後に傍系の閑院宮家から天皇の養子として践祚し、後に後桃園天皇の娘である欣子内親王を光格天皇の中宮にするという、いわば婿養子のような形で天皇位を継いでいる。もし弟の伏見宮貞行親王が存命であれば、このような手の込んだやり方で傍系からの天皇の譲位をしなくても、スムーズに第119代天皇に践祚したのは容易に想像できる。ちなみに伏見宮家の系図を見ると、伏見宮家第17代貞行親王だけを別にすれば、ほぼ親子か兄弟の間で宮家を継いでいる。宮家の系図の項参照これは第16代邦忠親王が薨去したときに、弟の第18代邦頼親王は当時出家していて寛宝入道親王を名乗っていたため、後桃園天皇の弟の貞行親王が伏見宮家を継承しただけのこと。貞行親王が薨去したとき、後桃園天皇が勅命で寛宝入道親王を還俗させて伏見宮家を継承させているので、貞行親王が践祚したとしても、寛宝入道親王が同様に伏見宮家を継承することに何の不都合もない。

  • 東アジア反日武装戦線 桐島聡の模倣犯が現れたらその犯人は
  • 6月22日 の妹である和宮を,将軍家茂の夫人に迎えたが,
  • 男子のホンネ 1年生の時から好きな男と人がいて今度告白し
  • ドラえもんが第1位 国民的アニメのケーキというのはこれで
  • 非通知電話の謎 どこかの企業が非通知で電話をかけてくるこ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です