787先進性 一方JAL787の燃費の良さ生かすため国際

787先進性 一方JAL787の燃費の良さ生かすため国際。結果としてはあっていますが、実際の背景はもっといろいろな要素が絡んでいます。ANA最初、787767の代わりて国内線多く使用 一方JAL787の燃費の良さ生かすため国際線投入、国際線用の比較的新い767国内線転用 認識間違っていたら申訳ない 、なぜような差生まれたのでょうか 一見JALの方賢い選択たよう思えます、ANAJALのような選択肢考えたず 787先進性。もう一方は。今後はより利便性を追求して。使用機材を小型にしてでも直行便を
増やすという考え方である。 例えば。このため。長距離路線でも使用可能な
中型機で。できれば燃費効率とメンテナンス性の良い機体の登場が待ち望まれ
てきた。は規模的には同サイズのの後継機として。運用的にはの
後継機としてその開発が開始された。しかし。この新しい翼では。重心は
ずっと後方。後退角の付いたではメインギア主脚のすぐ前まで後退する
ことになった。

ボーイング767。代表的な配列のみ掲載しています。 運航予定機材はお断りなしに変更する場合
もございますので。あらかじめご了承ください。 ※シートの詳細は。機内
サービスよりクラス?機種を選択のうえご確認ください。 機種一覧に戻る 席ボーイング767。ボーイング-/ 機内座席配置 各種システムの自動化やデジタル
技術の採用で。名の乗員で運航できる飛行機です。-は。-の胴体
を延長したもので。国内線?近距離国際線用として使用されています。

結果としてはあっていますが、実際の背景はもっといろいろな要素が絡んでいます。まずANA。ANAはボーイング期待の新型機、B787のローンチカスタマーです。JALよりも早く、かつ数も多く導入しますので、アピールも兼ねて国内線を優先させたのでしょう。ANAがB787の運航を世界で初めて開始したのは2011年秋。JALの破綻が2010年1月であり、JALとの差を国内に広くアピールする絶好のタイミングであったという事も影響しているかもしれません。実際、ANAのB787-8初号機~8号機までうち2機は最初から長距離国際線仕様は、短中距離国際線仕様の機材であり、いずれは国際線に転用するという前提のものを敢えて国内線に投入していました。ちなみに、B787の世界初の商業運航はANAによる成田-香港であり、その後国内線に定期投入されました。ただし、国内線に遅れること3ヵ月弱で国際線にも定期投入していますまた、ANAの保有するB767のうち、-ERの付いていない国内向けの機体は導入時期が古いものが多く、それの代替としての意味合いが強かったという事もあるでしょうね。JALの場合はANAより導入時期が遅く、ANAに完全に後れを取っていましたので、国内線投入でもインパクトはありません。また、JAL破綻からの再生中の導入で、当時JALは国内線を小型機にシフトさせていました。当時、B767を中心として運航されていた路線の多くがB737-800に変更になっています。そんな中、B767よりも大きくなるB787を国内線に投入する余地が無かったという事もあるかもしれませんね。B777の代替としてはさすがに小さすぎますし。なお、現在はJALは国内線を再び大型化しつつあります。B787やA350の国内線投入で、国内線での存在感も回復させようという意向じゃないですかね?私が見聞きした話ではJALが787を導入しようと計画したのに787の開発が遅れ、そのためB767を代替えに導入したらしいのです。全ての機体がそうかどうかは分かりませんが、JALの国内線B767は他のJALの機体に比べて自分には座席レイアウトの不自然さと魅力の無さを感じます。今後B787が国内線用機材として置き換わっていくと思いますが、自分にはJALの失われた10年と思っています。質問者の認識の通りですね。判断の違いはどこから来たか?細かいことはたくさんあるんでしょうが ANAの企業体質が 国内線>国際線、JALが国際線>国内線 という部分が大きかったんだろうと思います。もちろん導入時と今とでは変わってはいますが。ようやくJALも低騒音機伊丹線導入という目的で787を国内線に投入するようです、そういう機材更新のタイミングやスケジュールの違いも導入手順の違いの要因だと思います。もっともANAの誤算はRRエンジン問題だったのは間違いありませんが。ANAは最近773の新造機を導入しましたが、2~3年後にJALは773更新としてA350-1000の導入を決めています、こっちのほうがANAの選択に疑問を感じてしまうのですが?どうでしょう?今から20年間2040年くらいまで773を運用するんですからね、ちょっと理解できませんが?もともとB787には-3という国内線のモデルがあったのだが、開発時にトラブルが続いたために注文の少なかったこのモデルの開発を中止して、長距離モデルの-8に特化して生産をした経緯があります。本来の姿であれば、B8は長距離機材専用モデルばかりではなかったということです。また基本的にはB8はB6の置き換えのモデルでしょうが、両機のキャパや航続距離的には差があります。機材計画という点や路線構成という点で、両者に使い方の差が出たところで特に不思議なことではありません。ANA元々は短距離仕様の787-3を受注する予定でしたが、開発の遅れで787-8に切り替えざるを得なかったからです。ANAは787の計画段階からアイデア提案などを行い、多くの発注を行ったローンチカスタマーでした。つまり、自社の威信を懸けて作ってもらった機材ということです。ですから、国内で利用者に最新鋭機ですと訴求できるよう、国内線に投入し始めました初便となる羽田岡山はダイヤモンド会員による2週間先行予約で満席となった、という事実は知られていない。つまり、採算よりも宣伝効果を優先したということです。

  • これって権利侵害 なぜこちらがプライバシーを侵害さらてる
  • デザイナー ちなみに私はデザインすることが好きで雑誌やホ
  • SUUMO 板宿駅から新開地駅まで徒歩何分
  • Learn 少し気になってる女の子がいるのですが高一のと
  • ドラクエ1025更新 妖艶な魔女って感じですか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です